スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これは富士山です...

fuji001.jpg

fuji002.jpg

fuji003_20111031112137.jpg
<写真はclickするとlightboxで拡大表示されます>

これは富士山です~
すんません前回の記事!!俺はそこにあるとわかってるから...シルエットは幻かぁ~?なんて(笑)

ごんままさんなんて「見つけました~」ってわざわざコメントくれたし...ありがと:)

これは早朝なんだけど山の天気って変わりやすくてこの1時間後くらいにはもう富士山全く見えないんですよ!!
こんな近くなのに見えないのってちょっと不思議な気がするけどねえ...(汗)
少し遅めに来た人なんか「富士山はどこですか?」とかお店の人に聞いてたりするんだよねえ(笑)

今はもう雪かぶったのかなあ?
ほんとはこの前のお詫びに今朝家からの富士を撮ろうと思ったんだけど
昨日遅かったんで起きられず....
なので夏の終わりに通りすがりに撮った富士山を貼り付けました~
全てなんて事無い写真なのでフォトショのお手軽HDR処理でガンマ、シャドウ、エッジくらいいじったけど
それでもどうと言うことのない写真でした~(汗)(笑)

前のコメントの返事は後ほどします~ありがとうございましたっ!!




スポンサーサイト

狭間...

yuugure001.jpg

yuugure002_20111029194401.jpg
<写真はclickするとlightboxで拡大表示されます>

仕事から帰ってふっ-とため息をついてコーヒーを淹れようとお湯を沸かしてた...
西日のあたる仕事場のカーテンを開けてみたら陽が沈むところ。
お湯が沸いたな...コーヒー...あれっ夕陽綺麗じゃん、空綺麗じゃん...
でもコーヒー..香り飛んじゃうし...急いでお湯入れて...ゆっくり注がなきゃダメじゃん!!
慌てふためいてカメラの準備..どっちつかずの自分を笑いながら窓を開けて。
あちゃあ沈んじゃったよ~今全部出てたでしょうに...陽の沈むのはめちゃ早いんだよ...
そんな時「まあまあ...忘れちゃ行けませんよ私..」細い月が太陽と交代に顔を出す。
昼と夜の狭間...

上の写真の左..下の写真の右にある鉄塔の横に富士山の影わかりますか?
陽の沈む位置がだんだん富士山に近づいてきました~
あと一週間くらいで富士山の上に日が落ちるかな?




色使い...

senjo001.jpg

前回の日光行きでこの貴婦人と呼ばれる湿原を見守る一本のシラカンバを紹介したけれど
その手前の湿原がこの夏の大雨と台風で湖に変わってしまった...
貴婦人を守るように背後に生えるカラマツの黄葉もまた見事なもんだ!!

senjo002.jpg

senjo007.jpg

ふと眼を近くにうつすとホザキシモツケが遠慮がちに赤くなっているけれど
これもまた集まれば草原を美しく染め山への道案内に...わき上がる雲と青い空にまた眼を奪われる

senjo004.jpg

眼に入る全ての景色の色使いが見事だ...
景色に眼を奪われていると突然鹿の親子が現れる...親の背後から子供の鹿さんがこっちを見つめる。
なんと素敵な出会いでしょうか:)

senjo008.jpg

senjo003.jpg

湖畔を滑空するカワウの翼にも紅葉の赤がすける...それほど赤い...

senjo009.jpg

senjo006.jpg

絶妙の色使いの枯れ葉を踏みながら人気のない森をゆっくりと歩く...

senjo010.jpg

時間を忘れて歩いた終着点、夕暮れの湖畔に立つと湖に今日見た色使いが吸い込まれて行く瞬間に出会う...
良い日だったなあと...そんな風に思えた。

senjo011.jpg
<写真はclickするとlightboxで拡大表示されます>


出会う光景が全て美しいので写真選ぶのに困って。
キリが無いので日光はこれで一応終わりにします...なので画像多くなっちゃいました~

これから各地で紅葉が綺麗になって...日本ってきれいなんですよね!!:)







When We Dance...

cosmos006_20111024100146.jpg

cosmos002_20111024100145.jpg

cosmos003_20111024100145.jpg

cosmos004_20111024100144.jpg

cosmos0051.jpg

cosmos001_20111024100143.jpg
<写真はclickするとLightBoxで拡大されます>


日光の紅葉・・まだあるんですが飽きちゃうんで一回休んで・・と言うより
花って旬が過ぎるとなんかお蔵入りになってしまう気がして。
せっかく撮りに行ったので俺も皆様とコスモス祭りに参加させて下さい:)

でね・・「ある日のこと」見に行ったら綺麗なコスモス一枚載ってて
「撮り慣れた花ほど実は撮りにくい。マンネリ構図に注意。」なんて記事だったんだよなあ・・
ど言う事??俺の事??っと思ったんだけど・・それにもめげずでUPしちゃいますわ
打たれ強くなんなきゃだもんねえ(笑)

ここは春にはポピーがチューリップが・・秋にはコスモスが咲き誇る丘で
だから言うなれば花が変わっただけで同じ景色・・(笑)

うーーんでもね・・行く度に絶対「おーーっ綺麗だ」って思ってしまうのです。
数えたかどうかわからないけど公称500万本のコスモスが咲いてるところなんて滅多にないもんね:)
その代わり人も多い!!人の写らない構図探すの大変なんだから(笑)
でもそんな気持ちがそのまま撮れたら良いなと思いながらいつも花を撮ります:)

でもうわーーっと咲く花を表現したいなあって思って広角でも撮ってはいるんだけど
気に入ったのは撮れない・・それがこれからの課題だな・・
開園前の人がいないときに撮りたいんだけど・・どっかでPRESS借りようかなあ・・







至福の時...

hangetu001.jpg

まあのっけから絵に描いたような写真ですが...先日言ったように「半月山」に向かいました
ここは中禅寺湖からもハイキングコースとして良い所らしいですが先のスケジュールが詰まってる我々としては
そんな悠長に歩いてはいられないので車で半月山第二駐車場まで行くことにしました。

竜頭から向かいましたが、そこに行く中禅寺湖スカイラインのゲートが開くのが午前7時と言うこと。
噂では7時の開門時車が列を作って待っていると言う話しも聞いたけど「ま取りあえず行ってみるかね」と。
時間は7時5分前...ゲートが遠くに見えて来たけど閉まってる様子...その横には駐車場があって停められない車が
路肩に停車中..やはり混んでるんだぁ停めるとこないよ~と徐行している...と、その時
おじさんがするするとゲートを開けてるではないか!!
一斉にドライバーが車に乗り込むルマン式スタートのような光景を尻目に
「えっえっ良いの良いの?」と言いながらも車は急に止まれない....し、アクセル踏んでた俺!!
そのままえいやっとゲートを通過してしまったのです~なんと3台目...そこから数キロの間...
なんか後ろの車の突き刺さるような視線を感じながら..あれで良かったのでしょうか?
しかし一台は途中で止まっちゃって第二駐車場到着は2番手という離れ業??(笑)
さて半月山へとカメラ準備して...

そこには「半月山展望台0.6km」と。あちゃあ600mって言ったらうちとスーパーの往復かぁ、軽い軽い!!
それがです....めちゃ急坂..足場悪し...狭し...シティーボーイには険しい道なんですよ(笑)
michi001.jpg


でね、600mってほんとかよって感じで目的地は見えてこない...しかも景色はクマザサと木のみ...
道迷ったんじゃないのって(汗)でようやく標識が出てきたんだけど後0.3kmって書いて有るんだよ!!
「うっそだろーーー、まだ半分なの??」って感じで(笑)標高差160mで600mって結構きついのね(汗)
でもまあ頑張って歩いて..ようやく展望台らしき物が見えて来て、それがね、まじ?ってくらいちっちゃーい!!
 それでいつ登ったの?ってもう三脚据えてる人がいるんだよ~恐るべしカメラマン魂!!
michi002.jpg

そして展望台に立ったら...なんとこんな景色...「来て良かったじゃん~」
360度は見えないんだけど遠く白根山や足尾の山、紅葉の斜面、ダムなんかも見えるし..
何せ標高1700m近く、雲の上だいっ!!:)
目の前には鏡のような湖面に映る男体山の影...湖に突き出た「八丁出島」の紅葉...なんとも美しい!!
しかしこれって人間が作ったもんじゃないわけで...凄いよ自然。

こんなの登山じゃ無いけど..ちょっと登山する人の気持ちわかったような気がしたなあ:)

hangetu003.jpg

hangetu004.jpg

hangetu005.jpg

hangetu002.jpg

てなわけで半月山と八丁出島でした~
我々が降りていくとき..下からどんどん人が上がってきたけど..結構すれ違うの大変。
山道って行きも辛いけど下りも結構きついっすよねえ...
かならず「まだ先長いですかあ?」って聞かれる(笑)かならず「これからが大変です」と答えました(笑)
混むときはここの道、上から下まで渋滞で..展望台は1時間待ちなんてざららしい。
よろけたりしたら危ないよねえ、行く人いたら気を付けて下さい!!

俺はカメラ2台担いでいつも歩きますが..ステッキとか有った方が良いんだなあって思いましたよ~
それとやっぱ超広角は必要だったなあと後悔...
下の2枚は24mmだけどもっと広角だったらまた全然違うんでしょうね...
今度は広角って思うけどあの山道...

こんなに色々見て時間はまだ8時半過ぎたところ...目的の野鳥観察へと戦場ヶ原へ向かいます。

文章長くてすいません~読んでくれてありがとう!!:)




滝二昧...

urami001.jpg

「そして半月山へ」なんて昨日書いたけど...変更して
滝の王者ムーアさんに敬意を表して滝にしますっ(笑)昨日のと合わせて「滝三昧」です

「裏見の滝」は奥日光では無いので紅葉は始まったばかりですが、この秘境っぽい感じが最高で!!
前回行ったけど大雨で写真どころじゃ無かったので楽しみにしてました。
駐車場から崖っぷちの道、ゴウゴウと音を立てて流れる急流沿いに登って行きます。
深い森の中なので昼でも薄暗い感じでそれがまたワクワク感を増大させます...
(まあほんとはそれほど秘境じゃないのかもだけど...CityBoyの俺には充分過ぎる秘境っ(笑))

夏からの台風や豪雨でどこの滝も水量がものすごく、ここも滝じゃないとこにも滝が出来たりして。
前回訪れたときとはまた違う流れを見ました。
実際しぶきも凄くて1枚目の位置でもガンガンに降り注いで来ます。カメラ気になっちゃって...
三脚は立てずに仕舞い...暗いんで自動スローシャッター...ぶれてるはずっ(笑)


urami002.jpg

urami003.jpg

urami004.jpg






そしてこれは「湯滝」湯の湖から湯川に落ちる滝ですが有名どこですね!!
俺は観瀑台から見る全景より湯川沿いから見るこっちの光景が好きです(ギャハハ通ぶってるわ~(汗))
一応観瀑台からの全景ですがどこにでも載ってる写真なので小さく...

しかし日光も滝の多いところです...まだまだいっぱいあるけど。
体いくつあっても足りないですよねえ撮りたい物多すぎて(笑)

utaki002.jpg

utaki001.jpg

<写真はclickするとLightboxで拡大されます>



さて..時系列はめちゃくちゃですが「半月山へ」かな??





旬...日光「竜頭の滝」

ryuz001_20111020212309.jpg

ryuz002_20111020212308.jpg

ryuz003_20111020212308.jpg

ryuz004_20111020212307.jpg
<写真はclickするとLightBoxで拡大されます>


愛犬ブルースが年老いてからはどっかへ紅葉を見に行くなんて考えもしなかったなあ。
だいたい渋滞や人混みが大嫌いだし...わざわざ人の多いところなんてって言いながらTVのNewsで見てたもんだ。
それがどうだろう...彼が天国へ行って写真を撮り始めたらどこへ行くのも苦にならなくなった。
きっと彼が「行ってこい行ってこい」と後押ししてくれるんだなあと...
妙な理由をひっさげて出かける今日この頃(笑)

とは行っても人混み嫌いなのは相も変わらず(まあ好きな人はいないだろうけど..)
日光の紅葉渋滞は並大抵のものではないらしくピーク時はいろは坂を越えるのに3,4時間は当たり前らしい!!
なので地元の人に色々聞いて...いろは坂はなんと5時半には通過するスケジュール(笑)
おかげさまでいろは坂は20分もかからず抜けて、ここ「竜頭の滝」の滝には6時過ぎには到着。
空はようやく明るくなって来たけどまだ少し薄暗く...まあそんな贅沢は言ってられないし
人の少ない竜頭を撮れるんだからと観瀑台へ...
しかし先客はいるものっ!!!5mほどの観瀑台は既に三脚で一杯だったぜえ!!
一人だけコンデジのおじさんがいて「ここならすぐ空くぞ」と後ろに立ってたら「どうぞ」と空けてくれて。
少しすると駐車場にはどんどん車が入ってきてカメラマンが押し寄せてくる...
延々いる人もいるみたいだけど..10枚ほど撮ってその場を次に譲りました。
そして滝の上へ登っていきながら撮ったけど...赤や黄色やその艶やかさと言ったらそれはもう...
家帰って写真見たら彩度落とした方が良いんじゃない??ってくらいの鮮やかさで(笑)
滝上からは中禅寺湖の静かな湖面が少し顔を覗かせて..この隆々たる流れの行く先なんだなと
しばしこの景色に見とれました~:)
まあたくさんの人が訪れる事だけはあるんっすねえ:)
前回の写真と比べるとその違いもまた面白いです


さて中禅寺湖スカイラインのゲートが7時に空くんで...目指すは半月山!!









綺麗な花にはトゲがある...その2...

bara001.jpg

bara004.jpg

bara006.jpg

bara005.jpg

bara003.jpg
<画像はclickするとlightboxで拡大表示されます>


いつの間にか秋の薔薇の季節なんですね~
バラ広場を覗いたら少しずつ開きはじめたバラがありました!!
花ってバラに限らず開きはじめがほんと綺麗ですね..満開より8分咲きって言いますもんね:)
秋の薔薇は春のバラに比べてバックの緑や光も違っててなんかしっとり見えるのは気のせいかな??
そうそうママコに比べてバラのトゲはあまりに有名でした~(笑)

話しは全然違いますが有名どころの公園に撮影に行くと必ずや写真教室の課外授業ってやってます:)
老若男女みなさん楽しげに撮影されてる姿は良いもんです。
ご存知のように完全自己流の俺は..いったい先生はどんな事を言ってるのかと興味津々で(汗)

この前偶然に聞こえてきた事...

その1「濃い花を撮るときの前ボケはしろっぽいのはダメです~」
うっひゃーーー1枚目もろじゃん(爆)

その2「見せたい被写体の前に枝や葉がかぶってはいけませんよ~」
うっひゃーー1枚目も4枚目ももろじゃんっ!!

ようするに1枚目はだめって事なのであえてTopにしときましたが(汗)
考えたら日の丸だし..決してこんな写真は撮ってはいけませんってことですね!!!

優しさと逞しさと…

光wb002

炎002

光001

炎003

光003

炎wb001
<画像はclickするとlightboxで拡大表示されます>





儚さと力強さと…悲しみと喜びと…夢と現実と…静と動と...

去りし者...おとなふ者...祭り...祭りのあと...

竹筒の光に込められた願いを..かがり火の立ち上る炎の想いを...
13夜のおぼろ月を見ながら祈る…


綺麗な花にはトゲがある...

mamako01.jpg

mamako03.jpg

mamako02.jpg
<画像はclickするとlightboxで拡大表示されます>

いつもの公園に湧き水で出来た池がありそこから水が流れ出していて湿地になっています
ピンクの可愛らしい花が咲いてました。
ソバの花にとってもよく似ているのですがこんな所に咲くはず無いしと...

ある日初老の方の自然観察ツアーみたいなもんに出会ってそのガイドさんの話を盗み聞き(笑)
「継子の尻拭い(ママコノシリヌグイ)」という名前だそうですよ~
俺は「ナマコのシリヌグイ」って聞こえて家帰って検索したら違うことがわかりました~(爆)
ちょっと笑っちゃうネーミングですがよく考えると怖い!!
トイレの紙が不自由だった時は良く葉っぱでなどで代用したらしいですが...
実はこの花ツルのようになった茎にトゲが満載なのであります...(確認済み!!)
良く継母とか継子とか..昔は恨みの象徴のような扱いでしたが、継子の尻をコレで拭いてやるってことでしょうか?
絶対これで尻は拭けないし、止めて欲しい(汗)

可愛らしい花でついつい持って帰りたくなりそうです...
公園でも保護された草木を捕るのはダメだってことは幼稚園児でもわかるくらいのことなのに
よく摘んでるお●さんを見かけます...
「あらあ可愛い花ねえ、ガッハッハ」なんて良いながらコレを折ろうとしたら
一瞬にしてトゲだらけの手になってしまうんですよ~そこのあなたっ!!




あっもうひとつ..その小川に..これクレソンですよね??
良く洗ってたべなきゃぁ!!
「獲ったんかいっ!!」......獲ってませんm(__)m
kureson01.jpg






追悼させて下さい

t_hero.jpg

彼の作り出す物全てが衝撃的で手に取らずにはいられませんでした。

ClassicでMacに出会ってWindowsは一度も使ったことがありません!!

Softbankはイマイチ好きじゃなかったけどiPhone手にしないと気が済みませんでした。

俺のライフスタイルAppleがなかったらどうなっていたんだろう...

たった56年間、若すぎる旅立ちでしたが彼に感謝の意を伝えたいと思いました。

これからもAppleに彼の血が流れ続けることを願います...

なんか寂しいけど...Thanks Lot...Steve!!


(画像はAppleのTopページから借用しました)




SUICAでアメリカ気分...

john01.jpg

john04.jpg

john02.jpg

john05.jpg

john06.jpg
<画像はclickするとlightboxで拡大表示されます>


今でこそアメリカの威光は風前の灯火だけど...若い頃の俺は何でもアメリカ...
音楽だって生活から小物にいたるまでアメリカに憧れたもんです。

自分を語るのも気恥ずかしいですが...そんな夢見る俺は17才の頃既に家を出て高校に通いながらアルバイトをして
親に言わせればしょうもない、俺に言わせれば自立心旺盛な少年??だったわけで(笑)
その時、実は転がり込んだ先が東京の福生にあるジャマパハイツという米軍の払い下げ住宅だったのです:)
平屋の一軒屋は30畳のリビング12畳の部屋が3つ!!家の前はもちろん芝生で家賃は2万7千円だったと思う..
同居人は下北沢で革細工を売る職人さんと、画家の卵さんでした:)夢の様な感じですが現実は厳しく
未成年なので負けて貰った7,000円の家賃...払うのは大変だったけど必死に夢を追ってた頃は今でも良く思い出します。
辛かったけどとっても楽しかったなあって。

そんな出発点があって今があるわけですが...今でもそんな街があるって言うんで先日ちょっと足を伸ばしてみました。
埼玉の入間市のJOHNSON TOWNと言うところですが...cafeなどもあってなかなかノスタルジックなアメリカ気分!!
実際に住んでる人もいるので写真を撮ってると怒られることも有りで(汗)

まあアメリカと言うより古きハワイのノースって感じのサーフな雰囲気が強いかな。
でもちょっと昔のことをなつかしく思い出して良い時間を過ごせました~:)

ここの存在教えてくれたブロ友であり撮り友でもあるアイソメ寫眞館のa-ki_laっちに感謝!!
すんませんよ、苦手なスナップなもんでこんなもんで勘弁してくれ~



プロフィール

wulm

Author:wulm
さて何を撮りましょ?
黒ラブブルースが教えてくれた写真..
今では彼もファインダー覗いてる??
下手でも良い写真を撮りたいな...
お気軽に立ち寄って下さい!!

カレンダー
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。